topblog>2009.03.18 プログラムは英語だからよくわからない

プログラムは英語だからよくわからない

2009.03.18


代替コンテンツ例:JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いします Get Adobe Flash player


ActionScript3.0でドロップシャドウをつける方法として、 メモにドロップシャドウをつける方法 を追加。

「プログラムは英語だからよくわからない」と誰かが言っていた。プログラマーが聞いたら笑われてしまうけど、私もその通りだと思う。

ActionScript3.0で例を挙げてみると、

<例>

function invertY(event:MouseEvent):void {sample_mc.scaleY*=-1;}
sample_bt.addEventListener(MouseEvent.CLICK,invertY);


<ほぼ直訳>
機能 垂直反転(イベント:マウスイベント):戻り値無し {サンプルムービークリップ.垂直比x-1:}
サンプルボタン.イベント待ち追加(マウスイベント.クリック,垂直反転);

<意味>
「垂直反転」機能はサンプルムービークリップを垂直方向に−1倍させる
サンプルボタンをクリックで「垂直反転」させる


私の場合、<例>では一瞬何を言いたいのかわからない。しかし、<ほぼ直訳>ではクリックで何かが垂直に反転するぐらいは、プログラムを知らない人でも何となく想像つくと思う。

何がいいたいかというと、英語では直感的にプログラムの意味が頭に入ってこないのだ。正に「プログラムは英語だからよくわからない」のである。

英語圏で生活しているの人達と比べると、これはかなり大きな差だと思う。プログラミングは難しいとか、オブジェクト指向どうのこうのとかいう以前に、普段、生活で使用する言語の障害が大きいのだ。

もちろん、文句言ってどうなるものでもないし、慣れるしかないのだが。

▲ PAGE TOP