topblog>2009.07.02 犯罪が増えなきゃいいが

犯罪が増えなきゃいいが

2009.07.02

がき

児童ポルノを禁止する法案が作られているらしい。そもそも児童ポルノってなんだろう?何が禁止されるのか?

以下、wikipediaより一部引用
児童ポルノとは、高校生などの青少年も含む18歳に満たない者を被写体としたポルノのことである。

以下、産経新聞より一部引用
児童ポルノ禁止法は定義として、
(1)性交の撮影
(2)他人が児童の性器を触る行為や、児童が他人の性器を触る行為の撮影
(3)衣服の全部または一部を着けない児童の姿態で性欲を興奮させるものの撮影

そして、問題となっているのが「単純所持」所持している人達をどうするかということらしい。ではなぜ、児童ポルノを禁止する必要があるのか?については、よくわからない。子どもへの性的虐待を防止?

ここからは個人的な意見なのだが、ポルノに限らず「禁止」という法案はかえって危険な気がする。私自身がそうであるように、人間にはダメと言われると余計目についたり、気になったりするものなのだ。

ダメだダメだと騒げば騒ぐ程、「え?何がダメなの?」と関心を引きつける要素となると思う。そして、散々騒いだ挙げ句「禁止」とすれば、禁止対象物が一気にプレミアが付くことになる。宣伝としては、実にすばらしい手法で見習いたいぐらいだ。

児童ポルノが厳しく禁止されれば、警察は検挙しやすいと喜ぶかもしれない。しかし、児童ポルノはネットのより陰湿な所へ隠され、実態が把握しづらくなるだけのような気がする。そういった情報は一般の社会人よりネットワークの広い子供達の間で簡単に広まるのだ。そして、子供らが「児童ポルノに価値がある」なんて考えるようになってしまったら、ものすごく怖い気がする。

ポルノが送りつけられたら逮捕か?なんて、足の引っ張り合いばかりしている人達ならではの意見だね。


メモのタイトルデザイン変更。

▲ PAGE TOP