topblog>2009.12.04 スクリーントーンで遊ぶ

スクリーントーンで遊ぶ

2009.12.04




JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いします Get Adobe Flash player


私はきちんとした漫画を描いたことがないのでよく知らないのだが、漫画等で用いられるスクリーントーンは、モノクロの濃淡を効率的に表現する為で、それが集中線みたいな心理描写を表現するものまで広がっていったのだろう。

カラーで絵を描く場合は、モノクロの濃淡を表現する必要がないためスクリーントーンは不要になると思われるのだが、これまでに培われて来た表現手法や模様の数々を使わない手はないのでは?と思い、カラーで遊んでみた。

今やおそらく漫画制作においてパソコンを用いるのが当たり前で、スクリーントーンなんてあらかじめソフトに組み込まれているのだろう。しかし、自分で作るのもそんなに手間はかからないし、何より自分好みのものを作れるのでこれもありなのではないかと思う。

フォトショプメモに、
パターンの作成方法
スクリーントーン作成方法2
スクリーントーンサンプル

イラレメモに、集中線の作り方等追加。

▲ PAGE TOP