topblog>2010.1.20 動画を作るということ

動画を作るということ

2010.1.20

恥ずかしながら動画なるものを制作してみた。昔、絵本用に制作したものをFlashで適当に動かしただけのものだ。

作ってみて内容・技術以前にアニメーションを作るのは大変ということを思い知らされた。今回は作ってあった絵を紙芝居のごとく並べたものにすぎないが、これをコマアニメーションで作るとなると膨大な時間が必要だ。さらに音楽・声・時間などいろいろ考えさせられた。そのうち、言葉がなくても面白いムービーや大人向け作品も作る事が出来る様挑戦していきたい。また、今回はYouTubeで公開してみたが、別の動画投稿サイトやPodcastで配信する方法なども試してみたい。

<Flashで動画を制作してみて気付いた事>
音声ファイルをライブラリに読込むと出だしの音が削られてしまうことがある。
1280X720(16:9HD)サイズではムービー書出しが困難。
H.264方式で動画を圧縮すると色合いがうすくなる。画質ならMPEG4。
動画に合せて音声を作るより、音声に合せて動画を作り込む方が効率がいいと思った。

AS3.0メモにメインタイムライン操作方法
Flashメモに音質を下げない方法
GarageBandメモ(新規)に
よく使うショートカット
ループに登録する方法
ソフトウェア音源とリアル音源
マイクで録音する方法
音符入力で作曲する方法
ループを使う方法
MP3に書き出す方法
追加

▲ PAGE TOP