リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 配列を並び替える2

ActionScript

配列を並び替える2

配列を並び替える「sort(ソートオプション)」のまとめ。

Array定数対応数値(uint)説明
Array.CASEINSENSITIVE1大文字と小文字の区別をしない
Array.DESCENDING2降順、大きい順
Array.UNIQUESORT4同一の要素がある場合中止し「0」を返す
Array.RETURNINDEXEDARRAY8配列は変更せずインデックス番号の配列を返す
Array.NUMERIC16数値と見なす ※要素が数値の場合のみ

引数()にはArray定数でも対応数値でもよく、2つ以上のソートオプションを組み合せる場合、数値は加算して組み込むことも可能。例:sort(Array.CASEINSENSITIVE | Array.DESCENDING)とsort(1 | 2)とsort(3)は同義。

//数値を降順で並べ替える
var myArray1:Array = [32,31,3,99,777];
myArray1.sort(Array.NUMERIC | Array.DESCENDING);//数値でソート(降順)
trace(myArray1);//777,99,32,31,3
myArray1.sort(16 | 2);//数値でソート(降順)
trace(myArray1);//777,99,32,31,3
myArray1.sort(18);//数値でソート(降順)
trace(myArray1);//777,99,32,31,3



//並べ替えないで昇順のインデックス番号を調べる
var myArray2:Array = ["5","2","3","4","1"];
myArray2.sort(Array.RETURNINDEXEDARRAY);//配列は変更せずインデックス番号の配列を返す
trace(myArray2);//5,2,3,4,1←変更なし
trace(myArray2.sort(Array.RETURNINDEXEDARRAY));//4,1,2,3,0←昇順のインデックス番号



//大文字小文字を区別せず、同一要素がある場合中止し0を返す
var myArray3:Array = ["B","A","a","C","D"];
myArray3.sort(5);//大文字小文字を区別せず、同一要素がある場合中止し0を返す
trace(myArray3);//B,A,a,C,D←同一要素を含む為、変更なし
trace(myArray3.sort(5));//0
last update 2009.6.23
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogallery||blogtestaboutmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.