リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 任意数の引数を受け取るには

ActionScript

任意数の引数を受け取るには

任意の数の引数を受け取るには「...(rest)」パラメーターで受け取る。restは任意に配列名に変更可能。データ型はArray型。

関数の記述形式→ function 関数名 (...配列名:Array){処理};
引数を渡す形式→ 関数名 ("A","B","C","D",・・・); ※文字列の場合

//複数の引数を受け取る場合
function myFunction (...myArray:Array){
	var num:Number=0;
	for (var i:uint=0; i < myArray.length; i++){
		num += myArray[i];
	}
	return num;
}

trace(myFunction(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10)); //出力→55






//特定と残りの引数を分けて受け取る場合
function myFunction2 (A,B,C,...rest:Array){
	trace(A); //出力→1番目
	trace(B); //出力→2番目
	trace(C); //出力→3番目
	trace(rest); //出力→4番目,5番目,6番目,7番目
}

myFunction2("1番目","2番目","3番目","4番目","5番目","6番目","7番目");







//参考「rest」は残りの配列を意味しているが、名前は任意に付けることが可能
last update 2009.6.27
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.