リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ トップレベルのクラスとは

ActionScript

トップレベルのクラスとは

カスタムクラスイメージ
タイムラインやクラスファイルにインポート無しで使用できるクラス。パッケージ(グループ分け)では定義されていない。下表にトップレベルのクラスを示す。一覧はヘルプ参照のこと。


トップレベルのクラス

クラス内容
ArgumentError引数不一致により発生するエラー
arguments関数の引数保存、引数へのアクセス
Array配列の操作
Booleantrueとfalseの参照・操作
Classクラス定義を参照・操作
Date日付・時間の参照・操作
DefinitionError識別子をユーザーコードで再定義しようとしたときに発生するエラー
Errorスクリプトのエラー情報
EvalErrorFunctionオブジェクトでeval()関数を呼び出したとき、発生するエラー
Function関数の制御
int正負の整数
Math数学・演算のメソッド
Namespace名前空間の定義
Number正負、小数点を含む数値
Objectオブジェクトの操作
QNameXMLエレメントの完全修飾名と属性
RangeError数値の値が許容される範囲内に収まらない場合にスロー
ReferenceError指定されたオブジェクトに対して未定義プロパティを参照しようとした場合にスロー
RegExp正規表現の処理
SecurityErrorある種のセキュリティ侵害が発生した場合にスロー
String文字の参照・操作
SyntaxError解析エラーが発生した場合に、スロー
TypeErrorオペランドの予期される型と実際の型が異なる場合にスロー
uint正の整数
URIErrorグローバルな URI 処理関数のいずれかが定義に合わない方法で使用された場合にスロー
Vectorベクター(すべてのエレメントが同じデータ型を持つ配列)にアクセスして操作 ※Flash CS4で追加
VerifyError不正な形式または破損した SWF ファイルが検出された場合に発生するエラー
XMLXMLオブジェクトを参照・操作するためのメソッドとプロパティ
XMLListXMLエレメントを参照・操作するためのメソッド
last update 2009.7.14
参考・出典等
トップレベル - ActionScript 3.0 言語およびコンポーネントリファレンス
「プロとして恥ずかしくないActionScript3.0の大原則」
「標準ActionScript3.0入門 吉岡梅著」
「ActionScript3.0ポケットリファレンス 馬場ぎんが著」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.