リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ プロパティとメソッドのアクセス制限

ActionScript

プロパティとメソッドのアクセス制限

カスタムクラスのプロパティとメソッドに対し、アクセス制限を用いいる為には、プロパティとメソッドの属性を設定する。
静的プロパティ(クラスプロパティとクラスメソッド)は別ベージ参照。


プロパティとメソッドの属性

属性内容
internal (デフォルト)同じパッケージ内から参照可能
private同じクラス内から参照可能
protected同じクラスおよび派生クラスから参照可能
publicすべての場所から参照可能



プロパティのアクセス制限サンプル(カスタムクラス)

package {
	public class TestClass {
		public var sample1:int=0;
		private var sample2:int=0;//同じクラス内のみアクセス可能

		//代入用メソッド
		public function setSample2(value:int):void {
			sample2 = value;
		}
		
		//参照用メソッド
		public function getSample2():int{
			return sample2;
		}
	}
}



プロパティのアクセス制限サンプル(アクションフレーム)

var test:TestClass = new TestClass();

test.sample1=100;//直接代入
trace(test.sample1);//直接出力100

test.setSample2(200);//メソッドで代入
trace(test.getSample2());//メソッドで出力200


/*
エラーその1
test.sample2=100;

エラーその2
trace(test.sample2);

※test.sample2プロパティにアクセス制限の属性が
設定されている為、直接操作することはできない。
*/


<参考>
privateキーワードを使用する場合のプロパティ名は、先頭にアンダーバー「_」を付けることがよくあるらしい。本例であれば「_sample2」となる。

last update 2009.7.15
参考・出典等
Flash CS3 クラスプロパティの属性
「プロとして恥ずかしくないActionScript3.0の大原則」
「標準ActionScript3.0入門 吉岡梅著」
「ActionScript3.0ポケットリファレンス 馬場ぎんが著」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.