リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ アクセサメソッドで値を操作

ActionScript

アクセサメソッドで値を操作

アクセサメソッドは、プロパティ値の取得、代入を比較的用意にできるメソッドである。カプセル化などに使用。


アクセサメソッドの構文

//====================クラス側==========================

//get(プロパティ値の取得)
public function get プロパティ名():データ型{
	//処理
}

//set(プロパティ値へ代入)
public function set プロパティ名(引数:データ型):void{
	//処理
}



//====================使用方法==========================

//get(プロパティ値の取得)
インスタンス名.プロパティ名;

//set(プロパティ値へ代入)
インスタンス名.プロパティ名 = 代入値;



アクセサメソッドのサンプル(カスタムクラス側)

package{
	public class SampleClass{
		private var _sample:int = 0;
		
		//getアクセサメソッド
		public function get test():int{
			return _sample;
		}
		
		//setアクセサメソッド
		public function set test(value:int):void{
			_sample = value;
		}
	}
}



アクセサメソッドのサンプル(アクションフレーム側)

var sampleClass:SampleClass = new SampleClass();

//値の代入
sampleClass.test = 100;

//値の取得
trace(sampleClass.test);//出力 100
last update 2009.7.16
参考・出典等
Flash CS3 ドキュメンテーション get および set アクセサメソッド
「標準ActionScript3.0入門 吉岡梅著」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.