リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ コンストラクタで初期設定

ActionScript

コンストラクタで初期設定

コンストラクタとは、クラスからインスタンスを生成する際、実行されるメソッド。メソッド名はクラス名と同じにする。属性は「public」。戻り値無し。クラス側でコンストラクタの設定が無い場合は、コンパイル時に自動的に空のコンストラクタが生成される。引数を設定することも可能。インスタンス生成時に実行される特性から初期値の設定等によく使用される。


コンストラクタの構文

package {
	public class クラス名{
		
		//コンストラクタ
		public function クラス名(引数:データ型):void{
			//インスタンス生成時に実行したい処理
		}
	}
}



コンストラクタのサンプル(カスタムクラス側)

package {
	public class SampleClass {

		//コンストラクタ
		public function SampleClass(value:String):void {
			trace("コンストラクタを実行");
			trace("引数: " + value);
		}
	}
}



コンストラクタのサンプル(アクションフレーム側)

var sampleClass:SampleClass = new SampleClass("テスト");

/*
出力結果
コンストラクタを実行
引数: テスト
*/
last update 2009.7.16
参考・出典等
Flash CS3 ドキュメンテーション コンストラクタメソッド
「プロとして恥ずかしくないActionScript3.0の大原則」
「標準ActionScript3.0入門 吉岡梅著」
「ActionScript3.0ポケットリファレンス 馬場ぎんが著」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.