リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ シンボルにカスタムクラスを適用1

ActionScript

シンボルにカスタムクラスを適用1

Flashのライブラリシンボルにメソッドやプロパティをカスタムクラスで実装するサンプル。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player

Flashにイラストとボタンを配置したムービークリップシンボルを準備する。配置したボタンのインスタンス名はtestBtとした。
1

シンボルのプロパティにて、クラス名を定義する。
2

パブリッシュ設定→as3設定→ステージのインスタンス自動宣言OFFにする。
3

カスタムクラスを作成する。カスタムクラス名は、シンボルのプロパティで設定したものと同じにする。

package {
	//インポート
	import flash.display.MovieClip;
	import fl.controls.Button;
	import flash.events.MouseEvent;
	
	//シンボルで定義したクラス名と同じにする
	public class SampleC extends MovieClip {
		
		//シンボル内に配置したインスタンス名と同じプロパティを定義
		public var testBt:Button;
		public var flag:int = 0;//再生停止用フラグ

		//コンストラクタ
		public function SampleC() {
			testBt.addEventListener(MouseEvent.CLICK,function1);
			stop();//停止
		}
		
		//ボタンアクション
		public function function1(e):void {
			if(flag==0){
				play();
				flag=1;
			}else{
				stop();
				flag=0;
			}
		}
	}
}

アクションフレームに、クラスのインスタンスを生成し、配置。

var sample:SampleC = new SampleC();
sample.x=275;
sample.y=200;
addChild(sample);

サンプルソースのダウンロード

last update 2009.7.20
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.