リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ シンボルにカスタムクラスを適用2

ActionScript

シンボルにカスタムクラスを適用2

シンボルにカスタムクラスを適用1では直接シンボルで定義したクラス名でカスタムクラスを作成したのに対し、基本クラスにカスタムクラスを割り当てる方法。スクリプトを変更せずに、シンボルだけを変更したい場合などに有効。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player

<シンボルにカスタムクラスを適用1に対して変更点>

イラストを変更したシンボルを追加し、それぞれのシンボルの名前を設定。
シンボルのプロパティで、クラス名を設定し、基本クラス名にカスタムクラス名を入力。
1

2
カスタムクラス自体は変更が無い為、省略。

アクションフレームに、クラスのインスタンスを生成し、配置。

var sample1:TestC1 = new TestC1();
var sample2:TestC2 = new TestC2();
sample1.x=275-100;
sample2.x=275+100;
sample1.y=sample2.y=200;
addChild(sample1);
addChild(sample2);

サンプルソースのダウンロード

last update 2009.7.20
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.