リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ テキストとカスタムクラス

ActionScript

テキストとカスタムクラス

スクリプトのみで、テキストを表示するサンプル。本例ではドキュメントクラスにて作成。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


ドキュメントクラス

package{
	import flash.display.Sprite;
	import flash.text.TextField;
	import flash.text.TextFieldType;
	import flash.text.TextFormat;
	
	public class Main extends Sprite{
		
		//コンストラクタ
		public function Main(){
			
			//TextFieldクラス
			var tf1:TextField = new TextField
			tf1.x = 50;
			tf1.y = 50;
			tf1.width = 450;
			tf1.height = 300;
			tf1.border = true;
			tf1.borderColor = 0xff0000;
			tf1.wordWrap = true;//テキストの折り返し
			tf1.background = true;
			tf1.backgroundColor = 0x00ff00;
			tf1.text = "スクリプトでテキストフィールドを〜省略〜を参照のこと。";//本文
			
			//TextFieldTypeクラス
			tf1.type = TextFieldType.INPUT;//入力可能
			
			//TextFormatクラス
			var tm1:TextFormat = new TextFormat();
			tm1.font = "_ゴシック";
			tm1.size = 16;
			tm1.color = 0x0000ff;
			tm1.leftMargin = 10;
			tm1.letterSpacing = 5;//行間
			
			//TextFieldクラス
			tf1.setTextFormat(tm1);//テキストフォーマットの適用
			addChild(tf1);//テキストフィールドの配置
		}
	}
}
last update 2009.7.30
参考・出典等
「ヘルプ」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.