リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ マウス座標まとめ

ActionScript

マウス座標まとめ

「mouseX,Y」「stageX,Y」「localX,Y」の違いについて。

「mouseX,Y」はDisplayObjectクラスのプロパティ。
「stageX,Y」「localX,Y」はMouseEventクラスのプロパティで、イベントオブジェクトの情報にふくまれている。従って、マウス座標を取得する場合はMouseEventの関数・メソッド内で使用する。

ローカル座標は対象となるインスタンが回転している場合、取得座標も回転している点に注意。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


アクションフレーム

stage.addEventListener(MouseEvent.CLICK,onClick);
function onClick(event:MouseEvent){
	tf1.text=String(stage.mouseX)+" , "+String(stage.mouseY);
	tf2.text=String(my_mc.mouseX)+" , "+String(my_mc.mouseY);
	tf3.text=String(event.stageX)+" , "+String(event.stageY);
	tf4.text=String(event.localX)+" , "+String(event.localY);
}
last update 2009.8.30
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2009 Riptac. All Rights Reserved.