リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 配列のテキストを循環表示させる方法

ActionScript

配列のテキストを循環表示させる方法

配列内のテキストをボタンクリックで順番に表示し、また最初に戻るサンプルスクリプト。

【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


【ActionScript3.0 ソースコード】

//配列変数の宣言と値の格納
var ArrayA:Array = ["step1/7","step2/7","step3/7","step4/7","step5/7","step6/7","step7/7"]

//変数を宣言
var No:int;

//テキストの初期表示
textboxA.text = String(ArrayA[No]);

//ボタンで実行する関数
function nextstep(event:MouseEvent):void{
	//変数を+1(%配列総数で変数が配列総数になる場合0を返す)
	No = ++No%7;
	//テキストの表示
	textboxA.text = String(ArrayA[No]);
}

//ボタンと関数を関連付け
btnext.addEventListener(MouseEvent.CLICK,nextstep);
last update 2008.6.8
参考・出典等
Riptac 配列でタイムラインを循環させる方法
Riptac 複数の値をメモリさせる「配列」とは
Riptac スクリプトでテキストを表示する方法
Riptac 計算記述方法「演算子」

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.