リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 配列でタイムラインを循環させる方法

ActionScript

配列でタイムラインを循環させる方法

タイムラインのラベルを配列に並べ、ボタンクリックでラベルの配列順に表示し、また最初に戻るサンプルスクリプト。

【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


【ActionScript3.0 ソースコード】

//再生を停止
stop();

//配列変数の宣言と値の格納
var ArrayA:Array = ["A","B","C","D"]

//変数を宣言
var No:int;

//ボタンで実行する関数
function nextstep(event:MouseEvent):void{
	//変数を+1(%配列総数で変数を配列総数以上は0に戻す)
	No = ++No%4;
	gotoAndStop(ArrayA[No]);
}

//ボタンと関数を関連付け
btnext.addEventListener(MouseEvent.CLICK,nextstep);


今回の様にフレーム順に表示したい場合は、ラベルと配列を用いなくても下記サンプルスクリプトでも同じ様に表示できる。
【ActionScript3.0 ソースコード】

//再生を停止
stop();

//変数を宣言
var No:int;

//ボタンで実行する関数
function nextstep(event:MouseEvent):void{
	//変数を+1(%フレーム総数で変数がフレーム総数になる場合0を返す)
	No = ++No%4;
	gotoAndStop(No+1);
}

//ボタンと関数を関連付け
btnext.addEventListener(MouseEvent.CLICK,nextstep);
last update 2008.6.8
参考・出典等
Riptac 配列のテキストを循環表示させる方法
Riptac 複数の値をメモリさせる「配列」とは
Riptac スクリプトでテキストを表示する方法
Riptac 計算記述方法「演算子」

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.