リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 配列内要素をランダムに選択変更

ActionScript

配列内要素をランダムに選択変更

配列内の要素をチェックし、ランダムに選択・変更するサンプル。スイッチのオン・オフなどに活用。


アクションフレーム





var testArray:Array = ["---","---","---","---","---","xxx","---","---","---","---"];


//ランダム1つ「---」→「xxx」変更し、変更した配列番号[?]を返す※「---」が無い場合は"無"を返す
function funcKidoNo(){
	for(var i:int; testArray[i] != "---" ; i++){
		if(i == testArray.length){
			return "無";
		}
	}
	var a:int = Math.floor(Math.random()*testArray.length);
	while(testArray[a] != "---"){
		a = Math.floor(Math.random()*testArray.length);
	}
	testArray[a] = "xxx";
	return a;
}


trace("変更前→" + testArray);
trace("処理実施、変更配列番号[" + funcKidoNo() +"]");
trace("変更後→" + testArray);


/*
出力
変更前→---,---,---,---,---,xxx,---,---,---,---
処理実施、変更配列番号[4]
変更後→---,---,---,---,xxx,xxx,---,---,---,---
*/




last update 2011.1.17
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2011 Riptac. All Rights Reserved.