リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 停止時間を配列でまとめる

ActionScript

停止時間を配列でまとめる

配列に格納した停止時間を取出すサンプル。ゲーム敵出現タイミング設定など。


アクションフレーム





//import flash.utils.Timer;
//import.flash.events.TimerEvent;


//0秒,3秒,0.5秒・・・の順に命令を出したい
var timeArray:Array = [0,3,0.5,4,2,2,1,3,0.2,0.5];

var cntT:int = 0;//配列取出し用カウンタ
var stopTime:Number = timeArray[cntT];//秒の代入
var change_timer:Timer= new Timer(stopTime*1000,1);//?秒1回実行
change_timer.addEventListener(TimerEvent.TIMER,funcStopTime);
change_timer.start();//タイマー起動

//タイマーイベント
function funcStopTime(e:TimerEvent):void {
	
	//行いたい処理を記述
	trace(timeArray[cntT] +"秒経過したのでxxxを実行");
	
	//タイマ再設定と起動
	cntT +=1;
	trace("処理番号:"+cntT +"/"+ timeArray.length);
	change_timer.removeEventListener(TimerEvent.TIMER,funcStopTime);
	if(cntT != timeArray.length){
		stopTime = timeArray[cntT];
		change_timer = new Timer(stopTime*1000,1);
		change_timer.addEventListener(TimerEvent.TIMER,funcStopTime);
		change_timer.start();
	}else{
		trace("これにてタイマ処理全て完了");
	}
}


/*
出力
0秒経過したのでxxxを実行
処理番号:1/10
3秒経過したのでxxxを実行
処理番号:2/10
0.5秒経過したのでxxxを実行
処理番号:3/10
4秒経過したのでxxxを実行
処理番号:4/10
2秒経過したのでxxxを実行
処理番号:5/10
2秒経過したのでxxxを実行
処理番号:6/10
1秒経過したのでxxxを実行
処理番号:7/10
3秒経過したのでxxxを実行
処理番号:8/10
0.2秒経過したのでxxxを実行
処理番号:9/10
0.5秒経過したのでxxxを実行
処理番号:10/10
これにてタイマ処理全て完了
*/



last update 2011.1.17
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2011 Riptac. All Rights Reserved.