リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 条件で処理を変える「ifとelse」とは

ActionScript

条件で処理を変える「ifとelse」とは

指示した条件を満たした場合、満たさない場合などに処理を行いたい時に「if」と「else」を使用する。「読み込みが終了した場合〜」「時間が経過した場合〜」「インスタンスが移動した場合〜」など特定の条件で、処理を行える。

【ActionScript3.0 基本ソースコード if 】

if (条件式) {
	条件を満たした場合(true)に実施する処理;
}


【ActionScript3.0 基本ソースコード else 】

if (条件式) {
	条件を満たした場合(true)に実施する処理;
}else{
	条件を満たさなかった場合(false)に実施する処理;
}


【ActionScript3.0 基本ソースコード else if 】

if (条件式) {
	条件を満たした場合(true)に実施する処理;
}else if (第2の条件式) {
	第2の条件を満たした場合(true)に実施する処理;
}else{
	どれも条件を満たさなかった場合(false)に実施する処理;
}
last update 2008.6.8
参考・出典等
比較演算子を用いた条件式
Adobe Livedocs 条件演算

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.