リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 一文字ずつ表示するサンプル

ActionScript

一文字ずつ表示するサンプル

文章を一文字ずつ表示するサンプル。

サンプルは、Stringメソッドの「substr」を使用して、取出す文字をタイマーで1つずつ増やして表示させている。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


アクションフレーム(文字出力箇所のみ)




var text1:String = "これはスクリプトで一文字ずつ出力するテスト文章。";
funcTextTimer(text1);

//-----------------------------------------------------------引数の文字列を一文字ずつ表示させる処理
function funcTextTimer(s:String){
	
	//テキストフィールド書式設定
	var tFormat = new TextFormat();          //書式設定オブジェクト
	
	tFormat.align = TextFormatAlign.LEFT;    // 段落の整列
	tFormat.blockIndent = null;              // 全体のインデント(単位:ピクセル) 
	tFormat.bold = null;                     // 太字
	tFormat.bullet = null;                   // 箇条書き
	tFormat.color = "0x000000";              // 文字の色
	tFormat.font = "_ゴシック";              // フォント名
	tFormat.indent = null;                   // 先頭文字のインデント
	tFormat.italic = null;                   // 斜体
	tFormat.kerning = null;                  // カーニング(埋め込みフォントに対応)
	tFormat.leading = 8;       	             // 行間の垂直の行送り
	tFormat.leftMargin = null;               // 段落の左マージン(単位:ピクセル)
	tFormat.letterSpacing = 0.8;             // 文字間スペースの量(単位:ピクセル)
	tFormat.rightMargin = null;              // 段落の右マージン(単位:ピクセル)
	tFormat.size = 15;                       // 文字のポイントサイズ
	tFormat.tabStops = null;                 // タブストップ
	tFormat.target = null;                   // リンク先のターゲットウィンドウ
	tFormat.underline = null;                // アンダーライン
	tFormat.url = null;                      // リンク先 URL
	
	tf1.defaultTextFormat = tFormat;         // 書式を設定の適用
	
	//表示処理
	var cnt:int=1;//文字数カウンタ
	tf1.text = s.substr(0,cnt);//1文字目表示
	
	//タイマー
	var test_timer:Timer= new Timer(0.02*1000,s.length-1);
	test_timer.addEventListener(TimerEvent.TIMER,funcTestTimer);
	test_timer.addEventListener(TimerEvent.TIMER_COMPLETE,funcTestTimerComp);
	test_timer.start();
	function funcTestTimer(e:TimerEvent):void{
		cnt += 1;
		tf1.text = s.substr(0,cnt);
	}
	function funcTestTimerComp(e:TimerEvent):void{
		tf1.text = s;
		test_timer.removeEventListener(TimerEvent.TIMER,funcTestTimer);
		test_timer.removeEventListener(TimerEvent.TIMER_COMPLETE,funcTestTimerComp);
	}
}



last update 2011.1.23
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2010 Riptac. All Rights Reserved.