リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ ランダム値(乱数)は「Math.random」

ActionScript

ランダム値(乱数)は「Math.random」

ランダムの値(乱数)を生成するには、「Math.random」を使用する。整数の値が必要な場合は「×10」「Math.floor」「Math.round」などで整理する。

【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


【ActionScript3.0 ソースコード】

//テキストを表示+乱数
text1.text = String(Math.random());

//テキストを表示+乱数(1桁,少数切り捨て)
text2.text = String(Math.floor(Math.random()*10));

//テキストを表示+乱数(0-10,少数四捨五入)
text3.text = String(Math.round(Math.random()*10));

//テキストを表示+乱数(00-99)
text4.text = String(Math.floor(Math.random()*10))+String(Math.floor(Math.random()*10));

//テキストを表示+乱数(0-360,少数四捨五入)
text5.text = String(Math.round(Math.random()*360));
last update 2008.6.11
参考・出典等
Riptac ランダムにシンボルを配置する方法
Adobe Livedocs ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイド Math

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.