リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ シンボルを「addChild」で配置する

ActionScript

シンボルを「addChild」で配置する

ライブラリのムービークリップをActionScriptで配置する方法。シンボルにクラス名を付けて「addChild」メソッドで配置する。
インスタンスを消去したい場合は「removeChild」を使用する。
【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


【ActionScript3.0 addChild基本形】

var 変数名 = new クラス名();
ターゲットパス.addChild(変数名);


【ActionScript3.0 removedChild基本形】

var 変数名 = new クラス名();
ターゲットパス.removedChild(変数名);


【ActionScript3.0 サンプルソースコード】

var mc:MovieClip = new illust();//変数の宣言と格納
mc.x=300;//x座標
mc.y=200;//y座標

function ONOFF(event:MouseEvent):void{//ボタンイベント関数
	if (mc.root) {//インスタンスが有るなら
		this.removeChild(mc);//インスタンス消去
	} else {//インスタンスが無いなら
		this.addChild(mc);//インスタンス配置
	}
}

btonoff.addEventListener(MouseEvent.CLICK,ONOFF);//ボタンと関数関連付け
last update 2008.6.11
参考・出典等
Riptac シンボルにクラス名を付ける方法
Riptac ランダムにシンボルを配置する方法
Riptac 重なり順を「addChild」で前面に変更
Acobe Livedocs ActionScript 3.0 コンポーネントリファレンスガイドDisplayObjectContainer

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.