リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ ボタンを動的に複数生成サンプル

ActionScript

ボタンを動的に複数生成サンプル

ライブラリのシンボルにリンケージしたボタンオブジェクトをスクリプトで複数生成するサンプル。
ボタンを格納した配列インデックスはボタンのインスタンス名から取得。

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


as3コード(メインタイムライン)

//ボタン用配列
var btArr:Array = [];

//ボタン生成
func_setBt();
function func_setBt(){
	
	//ボタン5個生成
	for(var i:uint=0;i<5;i++){
		
		//ボタンインスタンス生成と名前設定
		var myBt:Class_myButton = new Class_myButton();
		myBt.name = String(i);
		
		//配列へボタン格納
		btArr[i] = myBt;
		
		//ボタン配置
		addChild(btArr[i]);
		btArr[i].x = 50 + 100 * i;
		btArr[i].y = 200;
		
		//リスナ登録
		btArr[i].addEventListener(MouseEvent.CLICK,func_bt);
		btArr[i].addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OVER,func_bt);
		btArr[i].addEventListener(MouseEvent.MOUSE_OUT,func_bt);
		btArr[i].addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN,func_bt);
		btArr[i].addEventListener(MouseEvent.MOUSE_UP,func_bt);
	}
}

//ボタンイベント
function func_bt(e:MouseEvent):void{
	
	//イベントプロパティ取得
	my_tf.text = "インスタンス名:" + e.target.name + "\nイベントタイプ:" + e.type;
	
	//クリックされたボタンを移動
	if(e.type == "click"){
		var i:uint = uint(e.target.name);
		btArr[i].y -= 10;
	}
	
	e.updateAfterEvent();
}
last update 2012.1.20
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemogalleryblogtestaboutlinksmail
Copylight(C)2008-2012 Riptac. All Rights Reserved.