リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 1/1000秒単位で処理する「Timer」クラス

ActionScript

1/1000秒単位で処理する「Timer」クラス

一定間隔時間(1/1000秒単位)ごとに処理を行うスクリプト。インスタンスを動かしたり、何秒後に指定のフレームに移るなどタイムラインの制御にも使用できる。

【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player


【ActionScript3.0 基本形ソースコード】

//timerインスタンスを宣言(ループさせたい場合は間隔秒数のみ)
var 変数:Timer = new Timer(間隔秒数,実施回数);

//間隔秒数ごとに処理する関数
function 関数名1(event:Object):void {
	処理したい関数
}

//実施回数終了後に処理する関数
function 関数名2(event:Object):void {
	処理したい関数
}

//timerイベントと関連付ける
変数.addEventListener(TimerEvent.TIMER,関数名1);
変数.addEventListener(TimerEvent.TIMER_COMPLETE,関数名2);

//タイマースタート
変数.start();


【ActionScript3.0 サンプルソースコード】

//timerインスタンスを宣言
var timeA:Timer = new Timer(50);//0.05秒間隔
var timeB:Timer = new Timer(500,10);//0.5秒間隔10回
var timeC:Timer = new Timer(50);//0.05秒間隔


//timeAの関数
function timeAf(event:Object):void {
	donguri.x-=10;
	donguri.rotation-=10;
	if (donguri.x<-20) {
		donguri.x=donguri.stage.stageWidth-200;
	}
}

//timeBの関数
function timeBf(event:Object):void {
	ki.x+=5;
}

//timeBの終了後関数
function timeBfc(event:TimerEvent):void {
	timeC.start();//タイマースタート
}

//timeCの関数
function timecf(event:Object):void {
	sun.rotation-=1;
}

//timerイベントと関連付ける
timeA.addEventListener(TimerEvent.TIMER,timeAf);
timeB.addEventListener(TimerEvent.TIMER,timeBf);
timeB.addEventListener(TimerEvent.TIMER_COMPLETE,timeBfc);
timeC.addEventListener(TimerEvent.TIMER,timecf);

//タイマースタート
timeA.start();
timeB.start();
last update 2008.6.14
参考・出典等
Adobe Livedocs タイマー間隔の制御

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.