リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ 画像をスライドさせるスクリプト

ActionScript

画像をスライドさせるスクリプト

一枚の画像をスライドさせて表示するサンプルスクリプト。
画像をムービークリップシンボルに登録し、ステージ上に配置させたもの(インスタンス名:my_mc)をスクリプトでスライドさせる。

【サンプル】

JavaScriptを有効にし、最新のFlashPlayerをインストールお願いしますGet Adobe Flash player

サンプル(.fla)ファイルをダウンロード


【ActionScript3.0 サンプルソースコード】

/*-------------------------スライド処理----------------------------*/

var mcLength:int=1600;    //スライド元のサイズ(px)
var mcMove:int=400;       //一回でスライドさせる長さ(px)
var mcPoint:int;          //スライド目標位置(px)
var mcSpeed:Number=0.2;   //スライドスピード
var mcGrid:int=8;         //吸着範囲(px)

//sec1 nextボタンで関数sec4停止&目標位置計算&関数sec2開始
bt_next.addEventListener(MouseEvent.CLICK, sec1);
function sec1(event:MouseEvent):void {
	my_mc.removeEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec4);
	if (-mcPoint < mcLength-mcMove) {
		mcPoint -= mcMove ;
		my_mc.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec2);
	}
}

//sec2 nextスライド処理
function sec2(event):void {
	if (-(mcPoint-my_mc.y) > mcGrid) {
		my_mc.y+=(mcPoint-my_mc.y)*mcSpeed;
	} else {
		my_mc.y = mcPoint;
		my_mc.removeEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec2);
	}
}

//sec3 backボタンで関数sec2停止&目標位置計算&関数sec4開始
bt_back.addEventListener(MouseEvent.CLICK, sec3);
function sec3(event:MouseEvent):void {
	my_mc.removeEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec2);
	if (-mcPoint > 0) {
		mcPoint += mcMove ;
		my_mc.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec4);
	}
}

//sec4 backスライド処理
function sec4(event):void {
	if (-(my_mc.y-mcPoint) > mcGrid) {
		my_mc.y+=(mcPoint-my_mc.y)*mcSpeed;
	} else {
		my_mc.y = mcPoint;
		my_mc.removeEventListener(Event.ENTER_FRAME,sec4);
	}
}
last update 2008.9.18
参考・出典等
「特に無し」

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.