リプタクのもう覚えられません
Google
Web サイト内
topmemo ▶ ビットマップ(画像)とは

ActionScript

ビットマップ(画像)とは

【そもそもビットマップ画像とは】
・ピクセル単位に色データをもつ画像で、ラスター画像とも呼ぶ。
・ファイル形式にはJPEG,GIF,PNG,TIFF,BMPなどがある。
・Windowsのビットマップ形式ファイル(拡張子.bmp)はビットマップ画像のファイル形式の一つである。

【ActionScriptでのビットマップの取扱い】
・SWFファイルにビットマップ画像を読込み、表示が可能。
・ActionScriptのBitmapクラスに型変換することでフィルタ効果を与えることができる。
・ActionScriptのBitmapクラスに型変換することで処理の高速化が期待できる。

【ActionScript上でのビットマップ注意点】
・ビットマップオブジェクトはマウスイベント、キーボードイベントを取得することができない。
・幅、高さが2880px以上の画像は読込めない。
・サポートしているファイル形式はJPEG,GIF,PNGの3形式。TIFFやBMP形式はサポートされていない。
・アニメーションGIFは第1フレームしか読込めない。
・他ドメインのビットマップ画像は原則読込めない。
・拡大縮小すると画像が劣化する。特に拡大。

last update 2009.2.27
参考・出典等
Adobe Livedocs ビットマップの操作
Wikipedia

▲page top

topmemoblogtestaboutmail
Copylight(C)2008 Riptac. All Rights Reserved.